溶接VSジャストフレア

 

溶接VSジャストフレア

ここまで、環境技術としてのジャストフレア工法をご紹介しましたが、ジャストフレア工法は、ただ、地球に優しい技術だというだけではありません。
これまでは、何の迷いもなく「溶接工法による加工」を選択されてこられたと思います。
それを「ジャストフレア工法」に変える。これは、どの企業にとっても、大きなチャレンジとお感じになられるかもしれません。しかし、「コストダウン」に真剣に取り組んでこられた企業様には、従来の方法では、既に限界に来ているというのは、十分ご認識されていることと思います。
ジャストフレア工法が業界を根底から覆すことになります。それは、溶接工法と比べて、環境面だけでなく、コスト削減としても、120%価値のあるものだからです

工法比較

.
 
<従来の溶接工法>
<ジャストフレア工法>
発注者・サブゼネコン
 
1.施工図作成
2.使用部材積算
3.管割加工図作成
4.工区別仕分
 
1. 施工現場準備作業
2. 加工工場にてフランジ溶接加工
3. 溶接工の技能の優劣で効率が悪い
4. 加工工場から施工現場まで遠距離の場合輸送費増加もコストアップとなる
5. 溶接工が高齢化、若年者参入が少ない
1. 施工現場準備作業
2. ジャストフレア加工機工事現場設置
3. 工区別工事現場部材搬入
4. 部材輸送費、納入業者費用→無料
5. ジャストフレア加工機、加工能力、フランジ溶接工の15倍、技能工不要
6. 溶接工を極限まで低減
7. フリーフランジ資材費は溶接工費対比で償却
 
1. 変更があると溶接フランジ接続不可能。再加工が発生する。
2. 工事現場溶接、配管の蛇行・漏水・手直し多発
3. 溶接工法は施工マニュアル化が困難で、作業効率判定不可
1. フリーフランジ配管
2. 配管技能管理者の指示で低コスト作業員でも配管可能
3. 配管の蛇行・漏水がない
4. 工期が短縮し、配管後の手直し発生がない
5. ジャストフレア工法施工マニュアル活用、施工目標設定、作業効率判定、作業員別評価が容易
 
 
配管加工、配管工事施工人工数削減できず、オーバータイム就労し収益悪化、労災事故発生率増加
配管加工、配管工事施工人口数半減『トータル施工コスト35%以上低減、収益向上を実現』
 その他
 施工後の品質・耐久性についても、溶接工の技術レベルにより優劣が発生する溶接工法に比べ、ジャストフレア工法では均一に強度を保つことができます。
また亜鉛ガスを発生しませんので、環境問題を配慮している企業としての認知度を高める動きにもつなげることができます。
 

ジャストフレア専用加工機仕様

BottomImage
Click here to go to English site