ジャストフレア工法とは

 

溶接を使わない新しい配管工法ジャストフレア


ジャストフレア工法とは、専用の加工機『 JF-350 』を開発することで可能になった、溶接を使わない、新しい配管工法です。
鋼管の管端部分を、JF−350で直接ツバ出し加工します。
配管場所では、ルーズフランジを用い、ボルトナットで締め付けるだけの単純な作業で配管が完了します。

markおもな配管用途
1. 空調用冷温水配管
2. 防災用消火配管
3. 生産用エアー配管
4. 生産用蒸気配管など

mark配管作業の流れ
作業流れ

ジャストフレア加工機・JF−350は従来のフレア加工機とは違い、大きさは約畳1畳分、重さは1.5tの為、2tトラックに積載が可能です。ハンドリフトでも持ち運びが可能なため、様々な施工現場に対応することができます。
ジャストフレア工法の様々な利点は、次章の「ジャストフレアの利点」にて詳しく説明しています。


どこが違うか


ジャストフレア工法は、従来のフレア工法とはどこが違うのでしょうか。
鋼管をフレア状に加工し、接続するという概念は一緒ですが、従来のフレア工法は、なかなか実際の現場に採用していくことは難しいものでした。
なぜなら……

従来の
フレア加工機
・従来のフレア加工機は一般的に2〜5トンと非常に重く、 現場への直接搬入が難しいものだった。
・現場で加工ができないため、事前に加工しなくてはいけない。その為、最初からフレア加工を想定した設計をしないと導入が難しかった。
・加工機の価格は1000万〜4000万と高額で、導入が難しかった。また、壊れたときの修理代金も考えなくてはいけなかった。
↓
ジャストフレア
加工機
・大きさが約タタミ一畳分、重さが1.5トンと軽く、2トントラックで運ぶことが可能
・ジャストフレア専用加工機なら、現場搬入が可能なため、現場で柔軟な配管施工に対応できる
・ジャストフレア専用加工機なら、加盟契約という形でメンテナンスも含まれているため、初期導入費用および機器維持費を安く抑えることが可能になった。

フレア加工は元々あったすばらしい技術ですが、なかなか実際の施工に利用されることがありませんでした。
しかし、ジャストフレア専用加工機の開発成功によって、この技術を現実的に活用させることができたのです。

ジャストフレア工法の確立によって、工期の短縮、電気使用量の低減にともなう二酸化炭素排出量の削減、スムーズな施工管理、火気を伴わないクリーンで安全な現場と、たくさんの利点を生み出すことができたのです。


必要なもの


ジャストフレア工法を行うには、どんなものが必要となるのでしょうか。
@ 
ジャストフレア加工機 JF−350
ジャストフレア加工機 JF-350
専用の小型軽量フレア加工機JF-350は、安心してジャストフレア工法を導入していただくためにも、本体の販売ではなく、
『ジャストフレア工法 加盟金方式』という形でご提供させていただいております。
(ジャストフレア工法加盟金方式・1加工/1カウントの従量式<管サイズ不問>・月々のカウント回数に基づく使用料・メンテナンス等については当社全額負担)
詳しくは加盟契約についてをご覧ください。

A 設置スペース
火気を伴わない為、設置の場所の選択には自由度が増します。
また設置面積は、980mm×1,450mmと、畳一畳程度の大きさです。
(畳一畳の大きさは地方によって差がありますが、おおよそ900mm×1,800mm程度です)
B 運搬手段 自重1.5tの為、最もよく使われている2tトラックに積載が可能であり、ハンドパレット等により積み卸しすることも可能です。
ハンドパレットでの運搬、トラックへの積載等のムービーを公開しています。ぜひご覧ください。加盟契約について
C 施工可能鋼管 ジャストフレア専用加工機では、以下の鋼管に対応しています。
  SGP-E
白管・黒管
SUS304TP 
Sch10s
STPG-
シームレスタイプ
Sch40
50A ○(オプション) ○(オプション) ○(オプション)
65A
80A
100A
125A
150A
200A
250A
300A
350A


ポイント
ジャストフレア工法の研究には、新日本製鐵株式会社様・住友金属工業株式会社様の協力の下、鋼管の開発を行いました。
配管後の品質もジャストフレア工法にとっては大切なことだと考えました。
経年変化による錆や地震などによる歪みなど、厳しいテストを繰り返し、ジャストフレア工法に最適な、最適鋼管製造に成功しました。
ジャストフレア工法では、国内メーカーの品質の高い鋼管を使うことを推奨しております。
これまで、約900以上の施工現場(当社集計)で、漏水事故ゼロ!という記録を、現在も更新しています。

ジャストフレア工法の利点へ


BottomImage
Click here to go to English site