チャレンジ25キャンペーンへの参加

 
チームマイナス6%ってなに
チームマイナス6%の後に、政府の取り組みとして、温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減することを目標とし「チャレンジ25」と名付けられました。そのための国民的運動を「チャレンジ25キャンペーン」として展開されています。
弊社では、チームマイナス6%に引き続き、チャレンジ25キャンペーンに参加しております。
詳しくは、ぜひ、チャレンジ25キャンペーンのウェブサイトも併せてご覧ください。
→ 「チャレンジ25キャンペーンのウェブサイトへ

どうして6%
1997年に開かれた地球温暖化防止京都会議で、日本ではCO2排出量を1990年を基準に6%削減することが採択されました。
この京都議定書は2005年から発効され、第一約束期間は2008年〜2012年の5年間です。
また、2009年のニューヨークの国連気候変動サミットにて、日本の目標として、温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減することを表明されました。

環境先進国のドイツでは、すでに2006年に目標を達成。さらに削減を目指しています。
それには、国家単位の取り組みがあり、ドイツ基本法(日本国憲法に相当)に環境を保護する法令が加えられたことにより環境保護の運動が急進したと言えます。

日本でも、同様に、環境保護の政策が推進されることは想像に難くありません。
各業種・各企業単位でも、次世代に生き残るためには、今すぐにでも二酸化炭素(CO2)削減に着手する必要があるのです。


まにあわない

環境対策を行うことは、地球はもちろん、企業イメージにも大切……
しかも、環境に優しいと言うことは、得てしてコスト高になりがち。でも、コストがかかるのではできない……

ジャストフレア工法からの3つのご提案

導入利点
good.溶接加工で排出する7.5kg-CO2を
0.2kg-CO2まで削減できます!

その差7.2kg


達成

※ 1加工0.1kg-CO2排出で計算。
  接合には2加工を要する。ボルトナットの締め付け分の電気量は除く。
修正工事が容易!
good.これまで15万カ所以上の接合場所で漏水0件!
よって無駄な改修・修繕工事が発生しない!
溶接と違って防錆処理も万全なので、パイプ長持ち!

無駄な工事をしない
達成
世界最小・最軽量
good.ジャストフレア工法専用加工機「JF-350」は
畳一枚分程度の専有面積で、かつ重さが1.5tと世界最軽量!
ハンドリフターに載せてラクラク移動!
2トントラックに載せてラクラク搬送が実現しました!

大型運送車いらない
達成

ジャストフレア工法は二酸化炭素排出削減に役に立つ環境技術であると認められています。
そして、無駄を省き、電気使用量を省き、工期を短縮するジャストフレア工法は、コストもかからない、非常に優れた工法なのです。エコとコストのバランスのとれた配管工法になっております。

これからの時代、多くの企業様に、積極的に環境に優しい技術を導入していただき、二酸化炭素排出削減を目指すサポートをさせていただけることを、ジャストフレア工法は目指しています。

ジャストフレア工法をさらに詳しく知りたい方は、さらに詳しい説明をご用意しております。
数値による、実際の効果、導入の実績、加工の手順など、写真、動画でも加工機を見ていただくことができるようになっています。ぜひご覧ください。
ジャストフレア工法詳細へ


BottomImage
Click here to go to English site