| トップ | 省エネ配管工法ジャストフレア工法 | なぜエコなのか? | チャレンジ25キャンペーン |

 省エネ配管工法 【ジャストフレア工法】

 

ジャストフレア工法とは、配管施工において基本作業である『溶接』を必要としない新しい配管工法です

 
ジャストフレア加工とは、配管施工において基本作業である”溶接”を必要としない、新しい配管工法です。
専用の加工機「ジャストフレアJF-350」を使い、鋼管の管端部分を直接ツバ出し加工します。
配管場所では、ルーズフランジを用いボルトナットで締め付けるだけの単純な作業で配管が完了します。
JF-350
ジャストフレア JF-350
約1分程度でツバ出し加工
約1分20秒でツバ出し完了
ボルトナットで配管完了
ボルトナットで簡単に配管完了!
ポイント
溶接をしない。1分20秒程度で加工が完了。作業はボルトとナットで締めるだけ。
ということは・・・
溶接にかかる電気使用量が、圧倒的に少なくすむと言うことです。
つまり、ジャストフレア工法は、とっても省エネルギー。使用電気量を抑えることができるのです。
ジャストフレア工法を利用すれば、地球環境と未来のために、配管施工でも、CO2削減に貢献していくことができるのです。
「溶接と比べて、どのくらい違うの?」
「ほんとうに、省エネルギーなの?」
「どうして、二酸化炭素排出削減できるの?」
もちろん、このような疑問は当然お持ちになると思います。
ジャストフレアと溶接の違いを、省エネルギーの立場から解説いたします。
なぜエコなのかへ

BottomImage
Click here to go to English site