なぜエコなのか?

 
なぜエコなのか

いま、地球温暖化によって地球が暖まり、様々な災害の要因にもなっていると言われています。
その大きな要因が、二酸化炭素(CO2)の増加です。

CO2を発生させる様々な要因


ポイント
人間も含めた植物・動物などの呼吸や、燃料の燃焼以外にも、電気を使うことで、発電所で電気が作られ、そのときに二酸化炭素(CO2)が排出されます。間接的に、電気を使うことが二酸化炭素の増加につながっています。
つまり、電気使用量を抑えることで、二酸化炭素排出の削減に貢献することができるのです。
電気使用量減=CO2排出量減

配管施工において、溶接は、大量の電気を消費します。
ジャストフレア工法を利用することで地球温暖化の防止に貢献することができるのです。
いったいなぜなのでしょうか。


なぜジャストフレアが省エネか

ジャストフレア工法を使うことが、なぜ、エコ、つまり省エネに結びつくのか、溶接と比べてみます。
溶接とジャストフレア比較

このように、溶接と比べてみると、同じ電気を使う配管とはいえ、大きく差があります。
ジャストフレア工法では、管サイズによらず、電気の使用量は一定ですが、溶接では、管サイズが大きくなればなるほど溶接に時間と電気がかかってしまいます。
使用電気量が少ないと言うことは、省エネルギーであり、二酸化炭素排出削減に貢献できると言うことです。

ポイント
管サイズによる電気の使用量が一定。なぜなら、ジャストフレア機は、
管サイズによってかかる加工の時間が一定なのです。
つまり、ジャストフレア工法を使用することで、二酸化炭素の排出量削減という環境へも配慮できると共に、配管施工にかかる時間も、大幅削減できると言うことなのです。
ひいては、コスト削減にも繋がっていくのです。
ジャストフレア工法の利点について

溶接とジャストフレア工法の違いはまだあります。
フランジ溶接
ジャストフレア工法
管サイズによっては作業時間が
1時間以上かかってしまうこともある
管サイズにかかわらず
加工時間は1分20秒固定
連続加工が困難 連続加工が容易
溶接により、亜鉛ガスが発生
作業者の健康を害し、環境汚染に繋がる
ガスも発生せず、クリーンな環境
火花による、火災の危険 火災の危険なし
電気使用量は加工時間に比例する
加工時間は管サイズによる
加工時間一定=電気使用量一定
しかも、管サイズに左右されない
溶接の熟練工が必要不可欠
溶接工の技術により、仕上がりに差
マニュアルによる簡単ボタン操作
仕上がり一定

この他にも、経年変化による劣化のしにくさ、漏水事故ゼロ(施工約30万カ所[当社集計]の実績による)など、数々の利点があり、全国の工事現場で、続々と施工採用が進んでいます。

地球温暖化が叫ばれている今だからこそ、配管施工においても、二酸化炭素を削減する努力が必要ではないかと、日商テクノ(株)は考えています。
チャレンジ25キャンペーンへ


BottomImage
Click here to go to English site